出産手当金申請手続きの流れについて

出産手当金.com 出産手当金.com TOP
歯医者さんに無料で相談できる!
日本最大の歯科相談・情報サイト

歯医者/歯科情報の歯チャンネル
歯医者/歯科情報の歯チャンネル

歯科医院の得意分野が分かる!
"革命的"歯科医院検索システム

歯科医院検索
歯科医院検索&マッチング




お問い合わせ


出産手当金申請に必要な書類

出産予定日に関する医師または助産師の意見書

出産についての医師または助産師の証明書
  (母子手帳中の出産届出済証明の写または出生届の受理証明書等)

多胎妊娠の場合は、医師の証明書


出産手当金 申請手続きの流れ

1.出産手当金の申請用紙をもらう
  (産休前、退職前)

出産手当金申請のためには、専用の申請用紙が必要です。
申請用紙は会社、または会社を管轄している社会保険事務所で入手できます。
入院時には、この申請用紙を持っていきましょう。


2.担当の先生に、申請用紙に必要事項を記入してもらう
  (入院中)

入院したら出産手当金の申請用紙に必要事項を記入してもらいます。
(記入は担当の先生にお願いしましょう)


3.会社で、申請用紙に必要事項を記入してもらう
  (産後56日経過)

出産手当金の申請用書類の中には会社側が記入する項目もありますので、担当の先生に必要事項を記入してもらったら会社にも必要事項を記入してもらう必要があります。


4.出産手当金の申請用書類を提出する
  (産後56日経過)

会社側の記入が終わったら、出産手当金の申請用書類を会社の健康保険窓口か、会社を管轄する社会保険事務所に提出します。


5.出産手当金を受け取る
  (1〜2ヵ月後)

出産手当金の支給額(金額)を、まとめて振り込んでもらえます。
出産手当金の支給額(金額)





妊娠・出産はおめでたいことですが、働いている女性は産休・退職などで収入が無くなってしまうので大変ですよね。

そんな時「出産手当金制度」を上手く活用することで、本来もらえるはずだった給料の一部を支給してもらえる場合があります。

出産手当金は健康保険に加入している働く女性であれば基本的には支給を受けることができるのですが、社会保険制度の改正や退職との絡みなどいろいろと複雑なこともありますので、当サイトでぜひいろいろと調べてみて下さい。

本サイトが働くお母さんのお役に少しでも立つことができれば幸いです。